V6の新アルバムがすごい

 

V6のアルバム発売とツアー開始おめでとうございます!!!!!!

気づいたらもう名古屋終わってた!早っ!
皆さんのコンサートレポ読んでウハウハしてます10月が待ちきれねえ。

 

そして10万枚突破おめでとうございます! 嬉しいなぁ~嬉しいなぁ~(CV.稲川淳二)

 

V6が無茶しすぎたアルバムが控えめに言わなくても最高なので、全生命体に手に取ってほしいです。

 

一曲一曲が素晴らしすぎて日々愛と感動と涙が止まらないので、小学生のまいにち日記のような感想文を書きました。

 

 


1.never

後悔に苦悩し前に進むことを躊躇い時間の渦に立ち止まる男たち…
私の中で時計の秒針といえば「orange」のイメージも大きいので勝手に連結させてしまいました。

すぐ色んな曲組み合わせて物語作りたがるタイプのオタクなんだ…すいません…


「orange」は、少年が青年になる時に感じる、もう戻らない青春を憂うことを歌っているとしたら、
この曲は、30代・40代となった人がそれらを含めた今までの自分をふと思い出し、今の自分の不甲斐なさを悔やんでいる感じ。


焦って悩んでる時って時計の電池抜きたくなるくらい秒針の音が響くよね……

サビ最初の「もう二度と振り返らないと」の振りでジャンプする井ノ原さんが爆イケなのでコンサートが楽しみです!チクタク!

 

 

2.刹那的Night

ノリノリで1回聴いたら頭から離れなくなるし頭から離れなくなるし、言葉遊びが楽しい!

PVは岡田さんプロデュースして西陣織の衣装で八咫烏を意識したと聞いて…
なるほどV6は神の遣いだったのね…尊い
さすが歴史を愛し歴史に愛された男である。

フィッティング衣装も拝みに行きましたが、デカミセン(特に剛健)の衣装が、彦星が着てるような漢服や平安時代の服装っぽい

f:id:sakure1910:20170814030608j:plain

 のに対して、トニセンは明治・大正の大礼服 

f:id:sakure1910:20170814030730j:plain


みたいでテンション上がりまくりでした。
(※あくまでイメージです)

V6かっこよすぎ…もぅマヂむり…蹴鞠しょ…

 

 

3.SOUZO

BING♂やD.I.S.に並ぶ最高にキャッチーなパーティーチューン!!!

 

PVの直美ちゃんと綺麗にはじけるV6がとても可愛いかっこいい!6人の醍醐味!

ラップの後あたりからSOUZOしすぎて大変なことになってる気がするけど!うーん!気のせい!

 

 

4.Beautiful World

これリリースしたの1年以上前なの、あっという間だなあ。
ここから一気に雰囲気がグレー→白となって明るくなってきて爽快感がすごい(すごい)


憂鬱な毎日も 苦手な人混みさえもV6がいるだけで虹色だぜ!

V6となら世界はこんなにも美しい!

 

 

5.Cloudy sky

私の中での今夏のプロローグソングです。

曇りでも晴れでも雨でもずっと聴いてたい。

 

歌詞改めて見ると、V6には背中押してくれる曲が多いな~って思う。

 

 

6.DOMINO

 

一番最初に頭に入れたのがPVでもなく曲でもなく歌詞(カード)だったので、
おっ、失恋ソングか~切ない系かな?とか思った
けど、

全然違っためっちゃ怖い。ゾクゾクが止まらない。執念がヤバイ。

 

最後にドミノみたいに不安定な賭けをした彼とその後の不穏な曲の終わり方。
エッ、彼女心配…

 

チョー関係ないんですけど、喰女って映画の主題歌にぴったりすぎる。

 


7.Round&Round

 

個人的にメンバープロデュースのPVの中では1番好きです。
いつも優しくて女神のような長野くんが時が止まったような未来都市のPVを創ったのが意外。だけどなんかとても嬉しい。

 

"ブラック"長野ではないけど、笑顔の裏、というか…笑顔が生まれたわけ、というか…ヤベェ語彙を知らない…
良い意味で現実を突きつけられてる気がしました。

 

この未来都市の風景、本の挿絵か映画か分からないけど似たの見たことあるので誰か教えてください!(漠然)

 

8.Remember your love

 

気持ちや目に見えない事柄をそのまま書かず、全て物で比喩しているところが好きです。

そしてもうこのPVをプロデュースするのは健くんしかいない…逸材…
殻に閉じこもってて暗いはずなのになぜかとてつもなく美しいんだ…

 

「飛び立ったロケットは無事帰るかわからない、それでも人はそれでも喝采する」ように希望を持った人間になりたいけれど、自分はなれず、
「綺麗な君」の幻想と脳裏にある過去の思い出だけでずっと歩いている日々を止めたくて、
でも歩いていたら(自分の中の)君はだんだん振り返らなくなる。
だから主人公は最も悲しい結末を選んでしまったんだね…ウッ…悲しい…
(ここまで全て歌とPVを踏まえての想像です)

 

歌の中での妄想話だから許して…

 

健ラヂで健くんが散々焦らして最後に流してくれた、初めて聴いた日の感動をもうずっとずっと忘れない…

 

 

9.Answer

デビューまでもデビューしてからも色々あった坂本さん(TOKIOカケル参照)がプロデュースしたっていうのが胸熱…
「この答えが私のすべて」って言えるような自分になりたすぎる。

 

過去の自分からの挑戦と問いかけにに胸を張って答えられるV6世界一カッコイイ~~~ ~~~~!!!エーーーーン!!!

 

 

10.Can't get enough

みんな大好きゲリナフ!!!!!!!!!

坂本さんが指をクイクイッってするところで私はいつも昇天します。

健くんの国宝級のお膝も拝める…出血大サービスが過ぎる…そ、そんな…困りますお客さまァ…

 


11.ボク・空・キミ

ここからの2曲はV6が全ての存在と個性を肯定してくれる。
生まれたとこから今この瞬間まで褒めてくれる…生きる…

あと、2番の井ノ原さんパートが雨の中で傘を傾けてくれるような優しさでとても好きです。

PVは森田さんの頭の中を覗けたようで嬉しい。

 

 

 

 

12.COLORS


(※ここ特に読まなくていいです)
個人的には、
全然発言と挙手をしないという小学生としてはアウトだった私(みんなの前で話したり一瞬でも目立つのが嫌だった)に
「色んな子がいるし個性だから無理しなくてもいいのでは」
と言ってくれた担任の先生を思い出てしまう…

 


初めて聴いた時はV6の人生だ…って勝手に思ったし、最後に代々木のすみっこが映るとこは涙なしには見られねえ…

 

 

13.レッツゴー6匹

 

サザエさんのEDみたいなの想像してたけど、まぁ~あながち間違いではなかった。

 

「イルカ見たい」がここで蘇るとは…思わなんだ…

 

そして何よりも、
「世界はまだ僕らを待ってる」って言ってくれるV6が大好きだーーーーーーーーーー!!!!!!!!

 


14.The One

グループやメンバー、ファンを暗示した曲はどのグループにも沢山あるけれど、
20周年を越えて22年目に突入した6人だからこそ歌える曲だな…という印象です。

 

あとPVに出てくる花のこと、馬鹿なので、
リンゴの花かな???可愛い(^^*)
とか呑気なこと思ってたら、Twitterでちゃんと正解の花名と花言葉流れてきて、それ見てまたグッときてしまった。

 

6人にも、ファンにとっても大切な曲になるといいな。

 

 

 


語彙力が足りなすぎて読みづらい文章を長々と書いてしまった…すいません…
というかどの曲もだいたい「V6尊いありがとう好き」で終わってる。

 

読んで下さった方、ありがとうございました!3人程いたら嬉しいな!へへ…!

 

ツアー、最後まで無事に完走できますように!